自由自在にメタルジグを操る秘訣 詳しくはこちら

ダイソージグはマジで釣れる!短時間でヒラメ2匹を釣った方法

ダイソージグでヒラメは釣れる
悩み人

ダイソージグって釣れるの?

そんな疑問に答えます。

ダイソーでメタルジグが売られてることをご存じでしょうか?

実はこのダイソージグはコスパ最強クラスで、しっかり魚が釣れるメタルジグなんです。

でも、100均であるがゆえに

本当に釣れるの?
どんな人におすすめなジグ?
実際100円で使えるの?

……などと思っている方も多いことでしょう。

なので本記事では、「ダイソージグのデメリット」「インプレ」「釣れる魚」について徹底的にまとめていきたいと思います。※インプレ=使った感想

いちおう僕(ジロウ)も、これまで多くのフィッシュイーターを釣り、数々のメタルジグを使ってきたので、その経験やノウハウを共有させていただきます。

筆者「ジロウ」プロフィール
ショアジギドットコム|ジロウのプロフィール画像

1987年生まれの現役ショアジギンガー。メタルジグが大好きで「使用するルアーは99%メタルジグ」という変態野郎。初年度でヒラメ・真鯛・シーバス・サゴシなどを釣ることに成功。現在もショアジギングをメインに釣行中。

目次

【要注意!】ダイソージグのデメリット

いきなりですが、ダイソージグは100円(税込み110円)で買うことができますが、フックスプリットリングを交換しなければいけません。

悩み人

100円以上かかるってこと?

ジロウ

そういうことだ!

標準装備のフックを使うこともできるんですが、

  • 錆びやすい
  • 強度がよわい

この2点が懸念点。

大物がヒットする可能性のあるショアジギングではフックとスプリットリングの交換は必須となります。

別売りのフックとスプリットリングを買わなければいけないので、実質100円以上かかってしまい、交換する手間もかかります。

悩み人

なんかめんどいな…

ジロウ

それでもコスパはいいぞ!

フックとスプリットリングを買ったとしても、コスパはめちゃくちゃ安く抑えることができるのがダイソージグの魅力。

実際にかかる金額の目安
  • ダイソージグ:110円(税込み)
  • アシストフック:45円(税込み)
  • トレブルフック:95円(税込み)
  • スプリットリング:33円(税込み)

1個当たり:283円(税込み)

※アシストフック20個で888円=1個当たり約45円
※トレブルフック5個で475円=1個当たり95円
※スプリットリング18個で594円=1個当たり33円

アシストフックやトレブルフック、スプリットリングはものによって価格が違ってきますが、大体1個あたり300円くらいでメタルジグを使うことができます。

ダイソージグにセットするアシストフックトレブルフックスプリットリングを貼っておきます。

\アシストフック /

\ トレブルフック /

\ スプリットリング /

フックやスプリットリングを交換したとしても300円くらいで済みます。

ちなみに「キング・オブ・スタンダードジグ」と言われているジグパラショート

このジグも価格が安く、魚が釣れるメタルジグとして有名ですが、40gで748円です。

商品名価格
ダイソージグ(40g)約300円
ジグパラショート(40g)748円(アマゾン)
ダイソージグとジグパラショートの比較

ジグパラショートは標準装備でフックがついていて、パッケージから出してすぐに使うことができるという利点があります。

ダイソージグはフックを交換する手間はかかりますが、これだけの価格差があるのは釣り人にとっては魅力的ではないでしょうか。

悩み人

たしかにコスパ良し!

ダイソージグはこんな人に向いている

ショアジギング初心者

ダイソージグは初心者に オススメ!
初心者にオススメなのがダイソージグ

初心者の場合、着底の感覚がわからず根がかりが多くなりがち。

根がかりするとジグをロストするので、そのぶんお金がかかってしまいます。
※ロスト=ジグを失うこと

しかしながら、ショアジギングではボトムをとってからアクションするのが基本。
※ボトム=水中の底

活性の低い魚はボトムにいることも多く、ヒラメやマゴチなどの魚種はボトム付近に生息するので、ボトムをとることは必須です。

悩み人

でも根がかりが怖いんだよね……

ジロウ

ボトムは取ったほうがいいぞ!

基本的にボトムは取ったほうがいいんですけど、そのぶん根がかりのリスクが高くなります。

そんな2つの問題を解決できるのがダイソージグ。

ロストしても300円くらいなので、そんなに痛くないのも魅力です。

強きにボトムを攻めれるのはメリットですね。

悩み人

たしかに300円くらいなら精神的にラクだな…

100均でも魚がしっかり釣れる!

100均ジグで魚が釣れる
100均ジグを侮ることなかれ
悩み人

ダイソージグって、本当に釣れるの?

ダイソーのメタルジグはショアジギング初心者にオススメと言いましたが、ちゃんと魚も釣れます。

このあとに紹介しますが、ダイソージグは有名なメーカーが出しているジグに引けを取らないくらい魚が釣れちゃいます。

僕も実際使ってみたら、そっこーで魚が釣れてびっくりしましたw

ジロウ

激安!なおかつ魚が釣れるのがダイソージグ!

ダイソージグの特徴

ダイソージグのメリット

ダイソージグのメリットってなに?
ダイソージグの3つのメリット

ダイソージグを使うメリットは以下の通り。

  • トータル300円くらいで使える
  • 強きにボトムを攻めれる
  • しっかり魚が釣れる

有名メーカーのメタルジグは一個当たり700~900円くらいします。

ジロウ

タングステン製だと1400円はするぞ!

その点、ダイソージグは破格の300円で使えて、ちゃんと魚が釣れる!

個人的には有名ジグに引けを取らない釣果になる気がします…

ダイソージグのデメリット

ダイソージグのデメリット
ダイソージグの注意点について

ダイソージグを使う場合、デメリットもあるので理解しておきましょう。

ダイソージグのデメリット
  • フックを交換する必要がある
  • ぶつけるとジグが曲がる

ダイソージグに標準装備されているトレブルフックとスプリットリングは、強度に不安があるため交換しなければいけません。

これが一番のデメリット。

悩み人

えっ!そのまま使えるわけじゃないの?

ジロウ

使えないワケじゃないけど、交換したほうがいいぞ!

ダイソージグは100円(税込110円)で買うことができます。

しかし、実際にはフックとスプリットリングを買わなければいけないので110円以上かかるってことです。

\メタルジグ用アシストフック! /

\ メジャークラフトのトレブルフック!/

\ オーナー針のスプリットリング!/

このように複数個入って売られているので、それを購入して取り付けることになります。

またダイソージグは細身のシルエットのメタルジグです。

細身のジグ全般に言えることですが、テトラや堤防にぶつけた衝撃でジグが曲がってしまうことがあります。

メタルジグが曲がってしまうとフォールの動きなどに影響するので、できるだけぶつけないように使いたいところです。

ダイソージグの釣果

釣行1回目で48㎝のヒラメ

ダイソージグで釣れたヒラメ
ダイソージグで朝マズメに釣れたヒラメ

僕自身ダイソージグの調査のためにショアジギング釣行に行ってきました。

釣行は2度行って、一回目は朝マズメの約1時間30分の釣行。

1回目の釣行データ
  • 時間帯:朝まずめ
  • 釣行時間:約1時間30分

5回ほどキャストしたらヒット。先行者もヒラメを釣っていたので、条件的にも良かったと思います。

一度だけヒラメを釣っただけだとマグレかもしれないので、数日後にもう1度ダイソージグ釣行へ向かいました。

2回目の釣行で30㎝のヒラメ

ダイソージグ釣行で釣れたヒラメ
夕まずめにダイソージグで釣れたヒラメ
2回目の釣行データ
  • 時間帯:夕まずめ
  • 釣行時間:2時間

今度は夕まずめに釣行へ向かい、30㎝のヒラメをゲット。

結果的にヒラメ2匹釣ることに成功。

ダイソージグの釣行データ【まとめ】
  • 釣行時間:3時間30分
  • 釣果:ヒラメ2匹(48㎝、30㎝)

有名メーカーのメタルジグを使っていても、こんなに簡単にヒラメが釣れることはありません。

トータル釣行時間が約3時間30分でヒラメ2匹は、ショアジギング釣行では良い釣果ではないでしょうか?

ジロウ

うぉぉー!ヒラメ最高!

メタルジグでヒラメを釣るにはいくつかのコツがあります。

くわしくは下記のメタルジグでヒラメを釣る!の記事で解説しているので、ぜひ合わせてお読みください。

ダイソージグでヒラメを釣った方法

ワンピッチジャークの図解
ワンピッチ・ワンジャークの図解

僕がダイソージグでヒラメを二匹釣った時のアクションはワンピッチジャーク。

ショアジギングの最もスタンダードのジャーク方法で、初心者が最初に覚えるべきアクションとなります。

ワンピッチジャークができれば、派生してほかのジャークも簡単に行うことができます。

ぶっちゃけ、ワンピッチジャークができれば魚は釣れます。

ジロウ

ワンピッチジャークで真鯛・ヒラメ・シーバスが釣れるぞ!

ショアジギングで釣れる魚は小魚を捕食しているフィッシュイーターです。

くわしくは下記のショアジギングで釣れる魚12選の記事で解説しているので、ぜひ合わせてお読みください。

ダイソージグの使い方『ジャーク編』

フォールで魚が喰いつく|図解
【図解】ショアジギングで魚がヒットする瞬間

ダイソーのメタルジグの主な使い方はジャークで使うことになります。

ジャーク方法は以下の6パターン。

ジャークアクションの種類
  1. ワンピッチジャーク
  2. スローピッチジャーク
  3. ハイピッチジャーク
  4. ハーフピッチジャーク
  5. ロングジャーク
  6. ジャカジャカ巻き

以上の6パターンがあります。

くわしくは下記の【図解】ショアジギングアクションの記事で解説しています。

ダイソージグの使い方『ただ巻き編』

メタルジグのただ巻き|図解
メタルジグのただ巻き|図解

ダイソージグは一般的なメタルジグ同様、ただ巻きとジャークで使うことができます。

ただ巻きはその名の通り、ロッドは動かさずリールだけ巻くことで、「リトリーブ」とも呼ばれます。

ただ巻きの種類
  1. 表層ただ巻き
  2. 海中を斜めに引く
  3. ボトムを引く
ジロウ

リールを巻くだけだから初心者でもできるぞ!

表層ただ巻き

表層ただ巻きの図解
表層ただ巻きの図解

ジグが着水したら、すぐにリールハンドルを回すことによってトップレンジ(表層)を引いてくることができます。

使う状況としては、

使う状況
  • 朝まずめ
  • 夕まずめ
  • ナブラが発生しているとき

ナブラとは、水面を小魚がぴょんぴょんとジャンプしていること。

その真下には小魚を捕食しているフィッシュイーターがいることになります。

表層付近にターゲットがいるので中層やボトムまで鎮める必要がありません。

活性も高く、ただ巻きするだけでヒット可能です。

ジロウ

ナブラが出たら大チャンス!

海中を斜めに引く

海中を斜めに引く|図解
海中を斜めに引く|図解

ジグが着底後、一定のスピードでリールハンドルを回すと、着底したポイントから足元まで引いてくることができます。

ジロウ

底~表層までジグを通すことができるぞ!

ボトムを引く

ただ巻きでボトムを引く|図解
ただ巻きでボトムを引く|図解

ジグが着底したらゆっくりとリールハンドルを回します。

ジグが海底を浮かないように行うのがポイントとなり、砂煙を上げて動くことによりエビやカニのような動きを演出することができます。

注意点としては、障害物のある場所では根がかり確定なので使えないってこと。

ジロウ

ボトムが砂地で根がかりしないポイント限定だぞ!

ダイソーメタルジグはフック交換が必須!

ダイソージグのパッケージ
ダイソージグはフック交換しなければいけない

先ほども言いましたが、標準装備されているフックとスプリットリングは交換しなければいけません。

  • キャストした瞬間
  • ジャークした瞬間
  • ヒット中

こういった状況は、ラインやスプリットリングに大きな負荷がかかっています。

負荷に耐えられないとライン(糸)が切れてしまいます。

ヒットに持ち込めたとしても、バラしたら悔しいですよね。

ダイソージグ自体は魚が釣れるよいジグなのですが、フックとスプリットリングは強度が強くないので交換する必要があります。

ジロウ

フックも強度不足だと曲がってしまうぞ!

以下の記事ではダイソージグの改造方法について解説しているので、こちらの記事もぜひ合わせて読んでみてください。

ダイソージグの飛距離

ダイソージグのイワシカラーとパプルゼブラグロー
ダイソージグは飛距離も悪くない

ダイソージグの飛距離は「良くもなく悪くもなく」って感じ。

飛距離を左右する要因としては、メタルジグの重心(バランス)にあります。

フロントバランス
フロントバランス
センターバランス
センターバランス
リアバランス
リアバランス
重心の特徴
  • フロントバランス=アクションしやすい
  • センターバランス=アピール重視
  • リアバランス=飛距離重視

重心は3種類に分類され、ダイソージグはアピール重視のセンターバランス。

そのため、飛距離重視のリアバランスに比べると飛距離は劣ります。

それでも80mくらいは飛ぶので、まったく問題ありません。

くわしくは下記の『ショアジギング』飛距離150mは可能?の記事で解説しているので、ぜひ合わせてお読みください。

ダイソージグはセンターバランス

上から見たダイソージグ
センターバランスはアピール力重視

ダイソージグはセンターバランスのため、沈下速度がゆっくりでヒラヒラと落ちていきます。

現在主流となっているジグの重心(バランス)はセンターバランスリアバランスです。

センターバランスの特徴
  • 飛距離はそこそこ
  • ヒラヒラと沈下するのでアピール力がある
リアバランスの特徴
  • 飛距離が優秀
  • はやく沈下するのでアピール力は少ない

エサ釣りとは違い、ルアーには集魚効果がないので、ターゲットがいるポイントまでキャストしなければいけません。

しかし、魚を釣るためには飛距離以外にもフォールの動きも大事です。

「リアバランスでは釣れなくても、センターバランスのジグに変えたら釣れた」ってこともあるので、状況によって使い分けるのがベストと言えるでしょう。

悩み人

状況でジグを使い分けるんだね!

ダイゾージグのカラー

ダイソージグのカラー
これのほかにオールグローがある

ダイソージグのカラーバリエーションは以下の3種類。

  • イワシ
  • パープルゼブラグロー
  • オールグロー

特にゼブラグローは朝まずめ・夕まずめに効きやすいカラー。

ジロウ

タックルケースに忍ばせておいて損はないぞ!

ダイゾージグのカラーローテーション

ダイソージグのカラーローテーション
ダイソージグのカラー選びについて

ダイソージグの3種類のカラーの使い方の例を紹介します。

  • 日中で光量があり、海の濁りも少ないとき→イワシカラー
  • まずめで光量が少ないとき→パープルゼブラグロー
  • 夜釣り→オールグロー

このようにダイソージグのカラーを使い分けることができます。

悩み人

ってか、カラーは釣果に影響するの?

ジロウ

釣果に影響するぞ!

一部で「ルアーのカラーは釣果に影響しない」という意見もありますが、海の濁り光量によって有効なカラーは異なります。

くわしくは下記の【知らないと損する】メタルジグカラー選びの記事で解説しているので、ぜひ合わせてお読みください。

ダイソージグの塗装強度

ヒラメを釣った後でも塗装が剥がれてないダイソージグ
塗装の強度も悪くないダイソージグ

ジグの種類によっては、すぐに塗装が剝がれてしまうものもありますが、ダイソージグの塗装はそこまで剝がれやすい印象はありません。

堤防や障害物に何度もぶつけてしまうと、どんなジグでも塗装が剥がれてしまいます。

しかし、税込110円でこの塗装強度は十分と言えますよ。

ジロウ

塗装強度は十分だぞ!

【ダイソージグ】カラーランキング

僕の独断と偏見ですが、実際に使ってみてよかったカラーを紹介しておきます。

カラーランキング
  1. イワシカラー
  2. パープルゼブラグロー
  3. オールグロー

パープルゼブラグローもいいんですが、日中使うのであればイワシカラーが使い勝手がよいです。

反対に、夜に釣りをしないのであればオールグローの出番は少なくなります。

太刀魚狙いにも活躍!

ダイソージグで太刀魚も狙うことができます。

というのも、太刀魚狙いで有効となるのはグローカラーのメタルジグ。

ジロウ

タチウオ釣るなら夜釣りだな!

ダイソージグにはパープルゼブラグローのほか、オールグローも存在するので太刀魚狙いで活躍してくれます。

タチウオ狙いで活躍するカラーで、夜釣りや光量の少ないマズメにも力を発揮してくれます。

ダイソージグのウエイトとサイズ

ダイソージグのサイズと重さ
上:ジグパラショート40g 中、下:ダイソージグ40g

ダイソーのメタルジグのウエイト

18g、28g、40gの三種類用意されています。

普段使っているジグの重さに近いウエイトをチョイスすればOKです。

くわしくは下記の【2022年版】ショアジギングの仕掛けの記事で解説しています。

ダイソージグのサイズ

ダイソージグの大きさについて
  • 18g:70mm(62mm)
  • 28g:79mm(71mm)
  • 40g:87mm(79mm)

※()の部分はアイの部分を抜いたサイズです。

ダイソージグをおすすめできる人

ダイソージグがオススメな人
ダイソージグで釣果アップ!

今回はダイソージグについて紹介してきました。

ダイソージグをオススメできる人
  • ジグにお金をかけたくない
  • 根がかりが心配
  • ショアジギング初心者

ダイソージグはトータル約300円で使うことができます。

しかも、有名なジグに引けを取らない釣果が期待できます。

デメリットとしてはフックの強度が弱いのでフックとスプリットリングの交換が必須となる点。

ダイソージグは税込110円で買うことができますが、フックとスプリットリングを買うとなるとプラスでお金がかかることになります。

悩み人

フックとスプリットリングを買ったとしても安いですね…

ダイソージグを実際に使うとなるとフックとスプリットリングも購入する必要があることは知っておきましょう。

ジロウ

じゃないと、大物がヒットしてもバラしちゃうぞ!

反対にダイソージグをオススメできない人もいます。

ダイソージグをオススメできない人
  • メーカーにこだわりたい
  • 飛距離が命!

メジャークラフトやジャッカル、シマノなどのメーカーのジグにこだわりがある。

飛距離を少しでも遠くまで飛ばしたいという人はダイソージグをオススメしません。

ダイソージグも飛距離80mくらいは飛ばすことができるんですが、リアバランスやタングステン製と比べると飛距離は負けてしまいます。

ショアジギングで飛距離は大事な要素ですからね。

くわしくは下記の『ショアジギング』飛距離150mは可能?の記事で解説しています。

各メーカーで発売している飛距離特化のメタルジグには勝てません。

メタルジグには主にセンターバランスとリアバランスの2種類あります。

重心の特徴
  • センターバランス:アピール重視
  • リアバランス:飛距離重視

センターバランスはフォールのひらひらとした動きでアピール力に長けている。リアバランスは飛距離が出せる。

ダイソージグはセンターバランスなので、後者のアピール力が売りとなるジグ。

そのため飛距離が若干落ちてしまうというのは、しょうがないポイントなんです。

ジロウ

ダイソージグはアピール力重視ってことだ!

今までいろんなジグを使ってきましたが、ダイソージグを使って「これはコスパ最高!」って思いました。

ダイソージグは300円くらいで使えて、なおかつ魚が釣れるジグですね!

【厳選】おすすめメタルジグ“6選”

メタルジグは飛距離バツグン
メタルジグは飛距離バツグン

僕(ジロウ)は、これまで多くのフィッシュイーターを釣り、数々のメタルジグを使ってきました。

そのなかで自信を持ってオススメできるメタルジグをご紹介させていただきます。

【ダイソー】メタルジグ

【コスパ最強】ダイソージグ
【コスパ最強】ダイソージグ

100均のダイソーで売られている「メタルジグ」はヒラメが釣れやすいのでオススメです。

悩み人

ダイソーなのに本当に釣れるの?

ジロウ

私もそう思っていたんですけど、短時間でヒラメが2匹釣れました。笑

ダイソージグでヒラメGET!!
ダイソージグでヒラメGET!!

ただし、ダイソージグには注意点があります。

くわしくはダイソージグはマジで釣れる!の記事で解説しているので、ぜひ合わせて読んでみてください。

【メジャークラフト】ジグパラTG

飛距離良し・アクション良し・釣果良し‼
飛距離良し・アクション良し・釣果良し‼
メリット
デメリット
  • 飛距離が抜群
  • アクション良し
  • フックが標準装備
  • 塗装が弱い
  • 値段が高い
  • リアアイが弱い

ジグパラTGは飛距離が抜群でアクションも良いし、釣果もすこぶる良いです!

筆者(ジロウ)が信頼しているメタルジグの一つ。

\ 釣果はバッチリ!筆者も愛用中しています!/

くわしくは『ジグパラTG』実釣インプレの記事で解説してます。

【メジャークラフト】ジグパラショート

【キング・オブ・スタンダードジグ】ジグパラショート
【キング・オブ・スタンダードジグ】ジグパラショート
メリット
デメリット
  • 価格が安い
  • 塗装が強い
  • アピール力が強い
  • ジャークが優秀
  • 飛距離がふつう

ジグパラショートは定番のメタルジグで、コスパが良くて魚も釣れます。

\ ショアジギングの王道メタルジグ! /

くわしくは【ジグパラショート】実釣インプレの記事で解説しています。

【メジャークラフト】ジグパラスロー

ジグパラスロー
【ただ巻きOK】ジグパラスロー
メリット
デメリット
  • ただ巻きで使える
  • 飛距離が出せる
  • 値段が安い
  • 塗装がつよい
  • フックが絡む

ジグパラスローは流行りのスロー系ジグ。

木の葉が落ちるようなフォールが特徴で飛距離も優れています。

\ 木の葉フォールで魚を誘う!/

くわしくは『ジグパラスロー』実釣インプレの記事で解説しています。

【ジャッカル】ビックバッカージグ&スライドスティック

ビックバッカージグとスライドスティック
ビックバッカージグとスライドスティック
ビックバッカージグ
スライドスティック
  • 飛距離が優秀
  • アクションはふつう
  • フォールが速い
  • 色んな魚種が釣れる
  • 飛距離はふつう
  • アクションが良い
  • フォールはスライド
  • 青物が釣れる

ビックバッカージグはジャッカルで発売しているメタルジグで、タングステン製ではないのに抜群の飛距離を出せます。

スライドスティックは最近のメタルジグでは珍しくフロントバランスになっています。

\飛距離優秀メタルジグ!/

\ アピール重視メタルジグ! /

くわしくは【ジャッカル】スライドスティックはアクション重視&フォールが優秀の記事で解説しています。

【オーシャンルーラー】ガンガンジグ2

ヒラメが釣れるガンガンジグ2
ヒラメが釣れるガンガンジグ2
メリット
デメリット
  • ヒラメが釣れやすい
  • フックが標準装備
  • 飛距離はふつう

ガンガンジグ2はジグパラショートと同じ値段で購入することができるコスパの良いメタルジグ。

  • ヒラメが釣りたい➡ガンガンジグ2
  • 多魚種が釣りたい➡ジグパラショート

このような使い分けがオススメです。

\ ヒラメが釣れるコスパが良いメタルジグ /

くわしくはガンガンジグはヒラメが釣れる!の記事で解説しています。

ブログランキングに参加しているので、よかったら応援お願いします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次