自由自在にメタルジグを操る秘訣 詳しくはこちら

ナブラ撃ちのコツはたった2つ|激熱のナブラ狙いの方法

ナブラ撃ちの方法

「ナブラ撃ちの狙い方がよくわからない」
「ナブラ撃ちのアクションってどうするの」


ナブラは、フィッシュイーターがいることが確定する激熱タイム!

しかし、短時間で終わることも多く、「いつ」「どこで」発生するかもわかりません。

この章では「ナブラ撃ちのやり方」を紹介します。

短時間で終わることも多いナブラをものにして、釣果アップを目指しましょう!

ショアジギング歴6年の筆者が解説するので、ぜひ参考にしてみてください

筆者「ジロウ」プロフィール
ショアジギドットコム|ジロウのプロフィール画像

1987年生まれの現役ショアジギンガー。メタルジグが大好きで「使用するルアーは99%メタルジグ」という変態野郎。初年度でヒラメ・真鯛・シーバス・サゴシなどを釣る。現在もショアジギングをメインに釣行中です!

目次

ナブラ撃ちのやり方

ナブラ撃ちのコツ
ナブラ撃ちのコツ

結論、ナブラ撃ちのコツは2つあります。

ナブラの奥にルアーをキャストする

ナブラ撃ちで重要なことは、ナブラにルアーを直撃させないこと

どういう事かというと、ナブラはフィッシュイーターに追われた小魚が表層に集まっている状態なんですね。

そのナブラの上にルアーをキャストしてしまうと、魚たちが警戒して散ってしまうわけです。

【NGパターン】ナブラ自体にルアーをキャストしない

ナブラはすぐ終わってしまうことも多いですが、ナブラ撃ちのやり方が間違っていると魚たちを散らせる原因になってしまします。

NGパターン
  • ナブラをルアーで叩く

正しくは、ナブラの奥にキャストナブラにルアーを通すことです

【OKパターン】ナブラの奥にキャストする

ナブラの奥にキャストすると言いましたが、それを可能にするには飛距離が必要になります。

以下の記事では「ショアジギングで飛距離を伸ばす10の方法」について解説しているので、ぜひ合わせて読んでみてください。

表層を狙う

ルアーは沈めなくていい
ルアーは沈めなくていい

ナブラ撃ちをするときはルアーを沈めずに表層を通してきます。

先述した通り、ナブラが発生しているときは表層にフィッシュイーターと小魚が集まっています。

ナブラが沸いてるときは魚は上を見ている
ナブラが沸いてるとき魚は上を見ている

ナブラは小魚が表層にいて、その下にフィッシュイーターがいる状態です。

そのためフィッシュイーターの目線は上を向いているので、ルアーを沈める必要はありません。

NGパターン
  • ルアーをボトムまで沈める

ルアーを沈めてしまうと、フィッシュイーターがいないレンジにルアーを通してしまうことになってしまいます。

ルアーが着水したら、すぐにアクションを開始して表層を狙いましょう

ナブラ撃ちに適しているルアーは?

さきほども言いましたが、ナブラ撃ちをするには飛距離が必要

そしてルアーのなかで飛距離が優れているのはメタルジグになります。

メタルジグは飛距離が出せる
メタルジグは飛距離が出せる

メタルジグの特徴は以下のとおり。

メタルジグの特徴
  • 全レンジにルアーを通せる
  • 飛距離が優秀

メタルジグは放置しているとボトムまで沈下していきます。

そのため、操作次第で表層中層ボトムと意図したレンジにルアーを通していくことが可能になります。

メタルジグはすべてのレンジ(層)を探れる
メタルジグはすべてのレンジ(層)を探れる

ナブラ撃ちは飛距離も必要になりますが、メタルジグは遠投性能が優秀です。

「キャストしたけど、ナブラに届かなかった…」という悩みを少しでも解消できるのがメタルジグの特徴ということですね。

ジロウ

メタルジグでナブラ撃ちをするときは表層ただ巻きでオッケー!

ただ巻きというのはロッドをしゃくったりせずに、ただリールを巻いてくるアクションになります。

以下の記事ではショアジギングのしゃくり方について解説しているので、ぜひ合わせて読んでみてください。

ナブラが発生しやすい時間帯

ナブラは「いつ」「どこで」発生するか予想がつきません。

しかし、ナブラが発生しやすい時間帯はおおよそわかります。

ナブラが沸きやすい時間帯
  • 朝まずめ
  • 夕まずめ

朝まずめとは、朝日が昇る時間帯のことで夜から朝に移り変わるタイミングをいいます。

夕まずめとは夕日が沈む時間帯のことで、昼から夜に移り変わるタイミングになります。

マズメに魚が釣れやすい理由
  1. プランクトンが光合成のために表層に上がってくる
  2. プランクトンを捕食するために小魚の活性が上がる
  3. 小魚を捕食するためにフィッシュイーターの活性が上がる
  4. このタイミングでルアーを投げるとヒット確率が高い!

※フィッシュイーター=シーバス・青物・真鯛など小魚を捕食している魚

青物はフィッシュイーター
青物はフィッシュイーター

この時間帯はナブラが発生しやすいです。

昼間よりまずめのほうがナブラが発生しやすいし、ナブラが沸かなくても魚の活性が高いので、まずめは超絶チャンスタイムってことですね!

ナブラ撃ちの注意点

ナブラは釣り人にとって大チャンスなのですが、気をつけるポイントがあるのでご紹介していきます。

割り込みしない

釣りは先に釣りをしている人のポイントに割り込みはNGです。

ナブラは魚の活性がめちゃくちゃ高くなっているので、ルアーを投げるとヒットする可能性が非常に高いです。

釣り人はそれをわかっているので、なかには割り込みしてくる人もいます

一度に同じナブラを狙うと、オマツリになるので要注意※オマツリ=自分の仕掛けと他人の仕掛けが絡むこと

以下の記事では「釣りのマナー|初心者でもトラブル回避するための10個のルール」について解説しているので、こちらの記事もぜひ合わせて読んでみてください。

ナブラは激熱タイム!

ナブラ撃ちで釣果アップしよう
ナブラ撃ちで釣果アップしよう

今回は「ナブラ撃ちの方法」について解説しました。

ナブラの狙い方も大切ですが、「ルアーの飛距離を伸ばす方法」についてはさらに重要です。

以下の記事では「ショアジギングで飛距離を伸ばす10の方法」について解説しているので、ぜひ合わせて読んでみてください。

飛距離を出すには「どんなメタルジグを使うか」も大事になります。

コスパ最強、なおかつヒラメもめちゃくちゃ釣れるダイソージグ」について解説している記事も合わせて読んでみてください。

【厳選】おすすめメタルジグ“6選”

メタルジグは飛距離バツグン
メタルジグは飛距離バツグン

僕(ジロウ)は、これまで多くのフィッシュイーターを釣り、数々のメタルジグを使ってきました。

そのなかで自信を持ってオススメできるメタルジグをご紹介させていただきます。

【ダイソー】メタルジグ

【コスパ最強】ダイソージグ
【コスパ最強】ダイソージグ

100均のダイソーで売られている「メタルジグ」はヒラメが釣れやすいのでオススメです。

悩み人

ダイソーなのに本当に釣れるの?

ジロウ

私もそう思っていたんですけど、短時間でヒラメが2匹釣れました。笑

ダイソージグでヒラメGET!!
ダイソージグでヒラメGET!!

ただし、ダイソージグには注意点があります。

くわしくはダイソージグはマジで釣れる!の記事で解説しているので、ぜひ合わせて読んでみてください。

【メジャークラフト】ジグパラTG

飛距離良し・アクション良し・釣果良し‼
飛距離良し・アクション良し・釣果良し‼
メリット
デメリット
  • 飛距離が抜群
  • アクション良し
  • フックが標準装備
  • 塗装が弱い
  • 値段が高い
  • リアアイが弱い

ジグパラTGは飛距離が抜群でアクションも良いし、釣果もすこぶる良いです!

筆者(ジロウ)が信頼しているメタルジグの一つ。

\ 釣果はバッチリ!筆者も愛用中しています!/

くわしくは『ジグパラTG』実釣インプレの記事で解説してます。

【メジャークラフト】ジグパラショート

【キング・オブ・スタンダードジグ】ジグパラショート
【キング・オブ・スタンダードジグ】ジグパラショート
メリット
デメリット
  • 価格が安い
  • 塗装が強い
  • アピール力が強い
  • ジャークが優秀
  • 飛距離がふつう

ジグパラショートは定番のメタルジグで、コスパが良くて魚も釣れます。

\ ショアジギングの王道メタルジグ! /

くわしくは【ジグパラショート】実釣インプレの記事で解説しています。

【メジャークラフト】ジグパラスロー

ジグパラスロー
【ただ巻きOK】ジグパラスロー
メリット
デメリット
  • ただ巻きで使える
  • 飛距離が出せる
  • 値段が安い
  • 塗装がつよい
  • フックが絡む

ジグパラスローは流行りのスロー系ジグ。

木の葉が落ちるようなフォールが特徴で飛距離も優れています。

\ 木の葉フォールで魚を誘う!/

くわしくは『ジグパラスロー』実釣インプレの記事で解説しています。

【ジャッカル】ビックバッカージグ&スライドスティック

ビックバッカージグとスライドスティック
ビックバッカージグとスライドスティック
ビックバッカージグ
スライドスティック
  • 飛距離が優秀
  • アクションはふつう
  • フォールが速い
  • 色んな魚種が釣れる
  • 飛距離はふつう
  • アクションが良い
  • フォールはスライド
  • 青物が釣れる

ビックバッカージグはジャッカルで発売しているメタルジグで、タングステン製ではないのに抜群の飛距離を出せます。

スライドスティックは最近のメタルジグでは珍しくフロントバランスになっています。

\飛距離優秀メタルジグ!/

\ アピール重視メタルジグ! /

くわしくは【ジャッカル】スライドスティックはアクション重視&フォールが優秀の記事で解説しています。

【オーシャンルーラー】ガンガンジグ2

ヒラメが釣れるガンガンジグ2
ヒラメが釣れるガンガンジグ2
メリット
デメリット
  • ヒラメが釣れやすい
  • フックが標準装備
  • 飛距離はふつう

ガンガンジグ2はジグパラショートと同じ値段で購入することができるコスパの良いメタルジグ。

  • ヒラメが釣りたい➡ガンガンジグ2
  • 多魚種が釣りたい➡ジグパラショート

このような使い分けがオススメです。

\ ヒラメが釣れるコスパが良いメタルジグ /

くわしくはガンガンジグはヒラメが釣れる!の記事で解説しています。

ブログランキングに参加しているので、よかったら応援お願いします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次