自由自在にメタルジグを操る秘訣 詳しくはこちら

ジグパラスローの使い方は?釣り人のレビュー&口コミ集めてみた

ジグパラスローのインプレ記事
本記事の内容

この記事を読めば、ジグパラスローの特徴がわかります。

ジグパラスローのデメリットもぶっちゃけているので、メタルジグ選びの参考にしていただければ幸いです。

ジグパラスローはショアジギンガーなら、知らない人はいないくらい有名なジグですよね。

かの有名な、メジャークラフトで発売しているスロー系シルエットのメタルジグになります。

でも、ジグパラスローって

どんな特徴があるの?
アクションはどうすればいいの?
どんな魚が釣れるの?
デメリットはないの?

……などと思っておられる方も多いことでしょう。

なので本記事では、ジグパラスローの「メリット・デメリット」「釣り人のリアルな口コミ」について徹底的にまとめていきたいと思います。

いちおう僕(ジロウ)も、これまで多くのフィッシュイーターを釣り、数々のメタルジグを使ってきたので、その経験やノウハウを共有させていただきます。

メリット
デメリット
  • ただ巻きで使える
  • 飛距離が出せる
  • 値段が安い
  • 塗装がつよい
  • フックが絡む
筆者「ジロウ」プロフィール
ショアジギドットコム|ジロウのプロフィール画像

1987年生まれの現役ショアジギンガー。メタルジグが大好きで「使用するルアーは99%メタルジグ」という変態野郎。初年度でヒラメ・真鯛・シーバス・サゴシなどを釣ることに成功。現在もショアジギングをメインに釣行中。

目次

ジグパラスローはリアバランスで飛距離は申し分ない

ジグパラスローは飛距離が稼げるメタルジグ
ジグパラスローは飛距離が稼げるメタルジグ

ジグパラスローの特徴は以下の通りです。

ジグパラスロー
  • 飛距離が出せる
  • ヒラメ・マゴチに効きやすい
  • 塗装は強い
  • ジャーク・ただ巻きで使える
  • フックが標準装備ですぐ使える
  • エビりやすいので注意
飛距離が出るぞ!

ジグパラスローはメジャークラフトで発売されているので、コスパが良いメタルジグです。

フックが標準装備なので、パッケージから出してすぐに使うことができます。

「エビる」に注意
「エビる」に注意

ただ1つ注意しないといけないポイントは「エビりやすい」ということ。
※エビる=フックが絡んでしまうこと

しかし、対処は可能です。

そんなことも含めて、この記事ではくわしく解説していきます。

『ジグパラスロー』スペックとカラーラインナップ

ジグパラスローのスペック

重さは10g~60gまでラインナップされ、価格は550~825円となっています。

商品名重さ価格
(アマゾン)
ジグパラスロー 10g10g550円
ジグパラスロー 15g15g627円
ジグパラスロー 20g20g660円
ジグパラスロー 30g30g704円
ジグパラスロー 40g40g748円
ジグパラスロー 50g50g792円
ジグパラスロー 60g60g825円
【ジグパラスロー】スペックの比較

ジグパラスローのカラーラインナップ

ジグパラスローのカラーラインナップは13種類。

出典:メジャークラフト

リアルプリントされているライブカラーがラインナップされています。

くわしくは下記の『ジグパラ』ライブベイトカラーは釣れない?の記事で解説しているので、ぜひ合わせてお読みください。

ジグパラスローの水中映像

水中の動きを知ることは大事
水中の動きをイメージする

ショアジギングで釣果をあげるには、「メタルジグが水中でどのように動いているか」を知ることが大事です。

ジグの動きがわかると、

今どんな動きをしているか?
どのレンジ(層)にいるか?

がわかるようになります。

この感覚がわかってくると、しゃくるテンポを変えたりロッドを大きくしゃくったりと臨機応変な操作ができるようになります。

ジグの動きがわからず、テキトーにしゃくっているだけだと魚が食いやすいアクションができず、釣果は思うように上がりません。

ショアジギングはメタルジグの動きをイメージすることが重要

ジグパラスローの水中映像を貼っておくので参考にしてみてください。

ジロウ

動画を開くと、ソッコー見れるぞ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次