自由自在にメタルジグを操る秘訣 詳しくはこちら

『ジグパラTG』実釣インプレ|悪い口コミ・デメリットはあるの?

ジグパラTGのインプレ記事

チワーッス!ジロウです。

悩み人

ジグパラTGっていい評判しか聞かないけど、デメリットはないの?

そんな方に向けて、ジグパラTGを使ってみてわかった、リアルなレビュー記事を書きました。

  • メリット、デメリットが知りたい
  • リアルな口コミが知りたい
  • 買って後悔しないジグなのか知りたい
  • ジグパラTGのアクション方法が知りたい

本記事の内容を理解すれば、ジグパラTGを使いこなすことができます。

なぜなら、実際に私も記事内で紹介しているアクション方法でジグパラTGを使い、多くのフィッシュイーターを釣ることができているからです。

ジグパラTGでヒラメ
ヒラメも釣れるジグパラTG

記事前半では「ジグパラTGのメリット・デメリット」と「アクション方法」について。

後半では「ジグパラTGで釣れる魚」「口コミ」「他のメタルジグとの比較」について解説するので、じっくり読み込んでください。

メリット
デメリット
  • 飛距離が抜群
  • アクション良し
  • フックが標準装備
  • 塗装が弱い
  • 値段が高い
  • リアアイが弱い
筆者「ジロウ」プロフィール
ショアジギドットコム|ジロウのプロフィール画像

1987年生まれの現役ショアジギンガー。メタルジグが大好きで「使用するルアーは99%メタルジグ」という変態野郎。初年度でヒラメ・真鯛・シーバス・サゴシなどを釣ることに成功。現在もショアジギングをメインに釣行中。

目次

【ジグパラTG】スペックとカラーラインナップ

ジグパラTGのスペックについて
ジグパラTGのスペックについて

ジグパラTGのスペック

商品名価格(アマゾン)
ジグパラTG 10g880円
ジグパラTG 14g968円
ジグパラTG 18g1089円
ジグパラTG 24g1265円
ジグパラTG 32g964円
ジグパラTG 40g1540円
ジグパラTG 50g1486円
ジグパラTG 60g1388円
ジグパラTG 80g2200円
ジグパラTG 100g2280円
ジグパラTG 120g2970円
【ジグパラTG】スペックの比較

※価格はカラーによっても異なります。

このようにグラム数は11種類あり、80~120gはオフショアジギング用(船釣り)となります。

この表はアマゾンの価格を参考にしていますが、割引なしの価格です。

記事の後半ではジグパラTGを安く購入する方法も解説します。

ジグパラTGのカラーラインナップ

ジグパラTGのカラーラインナップ
  • 10~18g:5色
  • 24~60g:16色(ライブベイトカラー8色)
  • 80~120g:8色
イワシ
(全サイズ共有)
ピンク
(全サイズ共有)
レッドゴールド
(全サイズ共有)
ブルーピンク
(全サイズ共通)
ゼブラグロー
(全サイズ共通)
グリーンゴールド
(24~120g)

出典:メジャークラフト

このように多彩なカラーがラインナップされています。

ちなみに、「ライブ」と書いているカラーはリアルプリントされているカラーのことです。

くわしくは下記の『2022年』ジグパラのライブベイトカラーは釣れないってホント?の記事で解説しています。

「ジグを使い分ける能力」が必要

メタルジグを選ぶ
メタルジグを選ぶ

メタルジグを使い分けるには、ジグの特徴を理解することが大事です。

ジグそれぞれに得意なこと不得意なことがあるので、釣り人は使い分ける能力が求められます。

たとえば、

  • アピール力に特化しているけど、飛距離は一般的
  • コスパは良いけどフックを交換しなければいけない
  • 釣れるけどフックが絡みやすい

「飛距離を優先するとアピール力が落ちる、アピール力を優先すると飛距離が落ちる」ってのもあります。

このようにメタルジグは一長一短。

そこに塗装強度フック強度価格などの要素が入ってきます。

あなたがどんなタイプのジグを求めているかによって、適しているジグは異なります。

悩み人

僕は飛距離重視!

使用するメタルジグの特性を把握することが釣果に直結し、モチベーションアップにも繋がります。

さっそくですが、ジグパラTGのメリットデメリットを紹介していきます。

ジグパラTGのメリット

飛距離がバツグン!

ジグパラTGは遠投性能が驚異的!
ジグパラTGは遠投性能が驚異的!

ショアジギングは飛距離が重要になります。

なぜならオカッパリ(陸)からキャストする釣りなので、遠くまでキャストできるほうが単純に釣果が上がりやすいからです。

その点、ジグパラTGはめちゃくちゃ優秀

ぼくは今までいろんなメタルジグを使ってきましたが、飛距離No.1と言っても過言ではありません。

ジロウ

飛距離は正義!

飛距離が出せる理由は2つあります。

リアバランス

メタルジグには、かならず重心があります。

フロントバランス
フロントバランス
センターバランス
センターバランス
リアバランス
リアバランス
重心の特徴
  • フロントバランス=アクションしやすい
  • センターバランス=アピール重視
  • リアバランス=飛距離重視

重心はこのように3種類に分類され、ジグパラTGはもっとも飛距離が稼げるリアバランス

キャストしたときの飛行姿勢も安定しているし、めちゃくちゃぶっ飛びます。

シルエットが小さい

ジグパラTGの飛距離が優れている2つめの理由は、タングステン製小さく設計されているからです。

一般的なメタルジグは鉛や鉄でできていて、ある程度の重さを出すためにはサイズが大きくなります

しかし、サイズが大きくなってしまうとキャストしたときの空気抵抗も大きくなり、飛距離が落ちる

悩み人

飛距離は空気抵抗が関係してるのか……

いっぽうタングステン製の場合、「重量はあるけどコンパクト」=「飛距離が出せる」ってわけです。

ジグパラTGはタングステン製であることから「サイズが小さく、飛距離がバツグン」を実現しているのです。

また、ジグが小さい利点はこの他にもあります。

タングステン製でコンパクトなので、小さい魚活性の低い魚も釣れやすい。

実際、ジグパラTGを使っているとアジソゲ(ヒラメの幼魚)も釣れます。

ジグパラTGでアジ
ジグパラTGでアジ
ジグパラTGでソゲ(ヒラメ)
ジグパラTGでソゲ(ヒラメ)

小さい魚はリリースしますが、釣れるとモチベーションが保たれます。

悩み人

小さい魚も釣れないと心が折れますね…

また、小魚がいるならフィッシュイーターがいる可能性も高くなるので、そのポイントで粘る根拠にもなりますね。

ジグパラTGは、小さい魚活性の低い魚も釣れるのは釣り人にとってプラス要素です。

アクションがめちゃくちゃ良い

ジグパラTGはアクションも優秀
ジグパラTGはアクションも優秀

ジグパラTGは飛距離が出せるだけのメタルジグではなく、アクションもめちゃくちゃ良いです。

個人的にオススメなのが、

  • ワンピッチジャーク
  • ジャカジャカ巻き
  • ただ巻き

この3つのアクションができればフィッシュイーターは釣れるので、ぜひ試してください。

ちなみにフィッシュイーターってのは、小魚を捕食しているシーバスブリなどのことを言います。

ジグパラTGで釣れたアイナメ
ジグパラTGで釣れたアイナメ

くわしくは下記のショアジギングで釣れる魚12選の記事で解説しているので、ぜひ合わせてお読みください。

ジグパラTGの水中映像

水中の動きを確認しておこう
水中の動きを確認しておこう

ジグが水中で「どのように動いているのか?」は非常に重要。

ショアジギング初心者の僕が、フィッシュイーターを順調に釣ることができていたのも、水中映像を何度も観ていたから

「このジグはこんな動きをするんだ」ってことがわかると、以下のメリットがあります。

  • フォールスピードがわかる
  • しゃくったときの動きがわかる
  • ただ巻きしたときの動きがわかる
  • アクションしているときの魚の動きがわかる

水中映像を見ると、「水中でのメタルジグの動き」をイメージできるようになります。

逆にこれがわからないと、「魚が釣れないアクションを延々と続ける」といったカオス状態に陥ります。

当然のことながらメタルジグによって、

  • フォールスピード
  • アピール力
  • しゃくったときの動き
  • ただ巻きしたときの動き

これらは異なります。

そのため、「ジグの動き」を把握することは大事です。

ジグパラTGの水中映像の動画を貼っておきますね。

ジロウ

動画を開くと、すぐ見れるぞ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次