自由自在にメタルジグを操る秘訣 詳しくはこちら

「ライブベイトカラー」は本当に釣れる?レビュー&口コミを集めてみた

ジグパラ・ライブベイトカラー
本記事の内容

ジグパラシリーズのライブベイトカラーについて解説します。

そのほかにも「使った釣り人のリアルな口コミ」「ライブベイトカラーが採用されているシリーズ」も紹介しています。

メジャークラフトで発売しているジグパラシリーズ。

ジギンガーであれば、知らない人はいないくらい有名ですよね。

ジグパラシリーズのカラーバリエーションに「ライブベイトカラー」というものがあります。

ライブベイトとは、ルアーをさらにベイト(小魚)に近づける塗装をほどこしているメタルジグのこと。

ジグパラTG(ライブイワシ) 出典:メジャークラフト

ベイトにめちゃくちゃ似ていることで、フィッシュイーターは本物の小魚と勘違いして捕食してくるってわけです。

しかし、ぶっちゃけ気になるのは釣果のほうではありませんか?

見た目はベイトそっくりだけど、魚が釣れないと意味ないじゃん

…などと思っている方も多いことでしょう。

正直、僕は見た目よりも性能重視です。

小魚に似てるか」よりも「魚が釣れるか」が大事だと思っています。

なので本記事では、「ライブベイトカラーは釣れるのか?」「釣り人のリアルな口コミ」について徹底的にまとめていきたいと思います。

いちおう僕(ジロウ)も、これまで多くのフィッシュイーターを釣り、数々のメタルジグを使ってきたので、その経験やノウハウを共有させていただきます。

メリット
デメリット
  • 見切られにくい
  • アピール力が少ない
筆者「ジロウ」プロフィール
ショアジギドットコム|ジロウのプロフィール画像

1987年生まれの現役ショアジギンガー。メタルジグが大好きで「使用するルアーは99%メタルジグ」という変態野郎。初年度でヒラメ・真鯛・シーバス・サゴシなどを釣ることに成功。現在もショアジギングをメインに釣行中。

目次

【結論】ライブベイトカラーは釣れる

出典:メジャークラフト

あなたがもっとも気になっているのは釣果ですよね。

結論としてはライブベイトカラーは魚が釣れます

ライブベイトカラーってどういうものなのか、わかりずらくありませんか?

僕は正直わかりにくかったです。

ライブイワシ 出典:メジャークラフト

調べた結果、ライブベイトカラーというのは

  • ジグパラショート
  • ジグパラマイクロ
  • ジグパラマイクロスリム
  • ジグパラマイクロスイム
  • ジグパラTG(タングステン)
  • ジグパラスロー
  • ジグパラサーフ
  • ジグパラバーチカルショート
  • マキジグジェット
  • マキジグスロー
  • クロスライドブレード

11種類のルアーで採用されているカラーになります。

ライブベイトカラーはもともとジグパラショートでされていましたが、「いろんなシリーズのカラーとして採用している」という現状ですね。

たしかに、ジグパラショートに似ているメタルジグが安く売られていることもあるので、差別化としてもリアルプリントしているのかもしれません。

【比較】ライブベイトのカラーバリエーション

ジグパラシリーズでもっともスタンダードな「ジグパラショート」でライブベイトカラーの比較をしていきましょう。

発売されているカラーは

  • ライブイワシ
  • ライブ金イワシ
  • ライブアジ
  • ライブ金アジ
  • ライブサバ
  • ライブ金サバ

この6種類になります。

そして新たに、

  • ライブキビナゴ
  • ライブ腹グローキビナゴ
  • ライブコノシロ
  • ライブ腹グローコノシロ

新色として追加されました↓

【ライブベイト】2つの特徴

ライブ金アジ 出典:メジャークラフト

ライブベイトカラーの一番の特徴はリアルな小魚に見える。これに尽きます。

それはいいとして、「リアルな小魚に見えることで魚が釣れやすいのか?」ってとこが気になるポイントですよね。

ここからはライブベイトカラーの特徴2つを紹介していきます。

ジグパラショート|ライブベイトカラー|40g

1.リアルな小魚に見えるので魚に見切られにくい

水中の様子

人間の視力は「1~1.5くらい」が標準ですが、魚の視力は「0.1~0.2程度」と言われています。

人間ほどではありませんが、魚も目が見えているので、捕食する寸前で「エサではない」と見切ってしまう可能性があるわけです。

自然界にあきらかにないカラーのルアーだと見切られてしまうかもしれませんが、リアルな小魚なら見切られることは少ないと言えるでしょう。

2.アピール力が少ない

ルアーカラーはナチュラル系アピール系に分けられ、それぞれの特徴適している状況が違います。

ナチュラル系とアピール系

ナチュラル系のカラー
ナチュラル系カラー
アピール系カラー
アピール系カラー

ナチュラル系はブルーやシルバーなど自然界にある色のことで、アピール系はピンクや赤など派手な色のことを意味します。

ライブベイトカラーはリアルな小魚な色合いなので、ナチュラル系に分類されます。

ナチュラル系は、海が澄んでいるときに有効なカラー。

反対に海が濁っているときはアピール系カラーが有効なります。

理由としては、

「海が澄んでいるのにド派手なルアーだと違和感があって食ってこない

濁っているときにナチュラル系のルアー使っても魚に見つけてもらえない

そのため、ライブベイトカラーは海が澄んでいる状況に使うのがいいってことです。

【アマゾンレビュー】ライブベイトカラーの口コミ

メタルジグが選びで参考にするべきは一般の釣り人の意見です。

メジャークラフトのヒロセマンの釣果も参考になります。

しかし、釣り具メーカーの人は商品を売りたいので、「このルアーは釣れる!」って言うに決まっています。

ジロウ

お金をかけて開発したのに「このジグ釣れません…」「失敗作です」なんて言いません。

そこで、「このジグは釣れるのか」を知るために、アマゾンのレビューを参考にするのがオススメ。

わざわざアマゾンのレビューを見にいくのも手間だし、わけのわからないレビューもあるので、筆者が参考になるレビューを厳選しておきました。

ここではアマゾンレビューの「高評価」と「低評価」をご紹介していきます。

アマゾンレビューの高評価

まずは「ライブベイトカラーはいいぞ!」って意見です。

釣り人の意見なので、参考になると思います。

悩み人

とりあえず、太刀魚が釣れました。うっすらと光感度はいいと思う

悩み人

ライブベイトカラーの中でこのキビナゴ腹グローが1番釣れてます‼︎次にライブ金アジです。このジグだけで十分です。他は要りません。

悩み人

コスパ最高

悩み人

ライブベイト金アジ40gは必ず持って行きます。あれこれ試して釣れない時は最後にこれ。

悩み人

32尾の青物が釣れました。他の色が5尾までですから、異常な釣れ方です。ただ、友人達はこの色では全く釣れていません。

悩み人

これを買って釣れたのは、サバ、イナダ、サゴ。特にイナダはよく釣れました。

悩み人

最強ジグ。主にマズメ時間。釣れないのは場所と腕が悪い

悩み人

他のジグパラや他のメーカーのカラーで反応がない時に交換後、ハマチ2本サワラ1本連続ヒットしました!

悩み人

リアル塗装の方がなんとなく釣果がいいように感じます。

高評価レビューでは…

魚が釣れた
釣れない状況でもライブベイトに変えたら魚が釣れた
「安いのに魚が釣れるからコスパ最強!
「金アジが人気

といった感じですね。

見た目が小魚っぽいだけではなく、ちゃんとフィッシュイーターが釣れるということです。

ジグパラTG|ライブベイトカラー|40g

アマゾンレビューの低評価

高評価があれば、低評価をつける方もいるのは当然です。

ここでは低評価の意見を見ていきましょう。

悩み人

「腹グロー」と謳っていますが、ブラックライトを一定時間照射してもほどんど発光しません。写真の状態で「不良品でなく、仕様」とのことでした。

悩み人

コノシロの腹グローカラーを購入しました。ブラックライトを当てても全く発光しませんし、蓄光塗料がきちんと塗ってある形跡もないです。微かに粉が吹いた程度の色は光っているかもしれませんが夜光としては全く使い物になりません。

悩み人

一回使ったら塗装が一箇所ハゲてた。堤防の壁などにぶつけた記憶はないが…底取りだけで塗装が剥げた可能性が高い。普通のジグパラは塗装強くて釣れるから愛用してるんだけどね。

悩み人

何種類かライブカラー買ってみたけど、ほぼ釣れない。地域や時期のベイト、海水の色も関係してるのかな?!自分的に状況問わずゼブラ系が最強です。

悩み人

メジャークラフトのジグパラは普段から愛用してますが、この商品は特に他と変わらない感じがしますね。ライブベイトだとしても、普通のと大差ない気がします。結局、この手の物に釣られるのはアングラーだけですね。

低評価レビューでは…

腹グローは発光が弱い
堤防の壁にぶつけたわけでもないのに塗装が剥がれた
ライブベイトだからと言って、普通のカラーと大差ない気がする

といった内容。

腹グローは発光が弱い」というレビューがいくつかあったので、購入するときは注意したほうがよさそうです。

あと、塗装が弱いというレビューもありました。

釣り人によっては「ほかのカラーに比べて釣れやすいわけではない」ってことですね。

【ツイッター】ライブベイトカラーのツイート

ここではジグパラ・ライブベイトカラーでの釣果をご紹介します。

さきほども言いましたが、メーカー側の釣果だけじゃなく一般の釣り人の釣果を参考にするべきです。

サカナ

メジャークラフトの釣果じゃなく、釣り人のリアルな釣果が知りたいよね…

ジロウ

一般の釣り人の釣果を紹介していきます!

ライブベイトカラーで数々のフィッシュイーターが釣れているようです。

ジグパラスロー|ライブベイトカラー|40g

ライブベイトカラーで釣れる魚

フィッシュイーターなら釣ることができる
フィッシュイーターなら釣ることができる

ライブベイトカラーで釣れる魚は、フィッシュイーターなら何でも釣れます
※フィッシュイーター=小魚を捕食している魚

釣れる魚
  • イナダ(ワカシ、ブリ)
  • ヒラメ
  • マゴチ
  • 真鯛
  • シーバス
  • タチウオなど

ライブベイトは多くのジグパラシリーズで取り入れられてるカラーです。

また、サイズの小さいマイクロジグを使うと、アジサバメバルなどを釣ることができますね。

ショアジギングはフィッシュイーターがメインターゲットになります。

くわしくは下記のショアジギングで釣れる魚12選の記事で解説していますので、ぜひ合わせてお読みください。

ジグパラ・ライブベイトの使い方

ここでは実践的なライブベイトの使い方を紹介していきます。

【ジグパラショート】ライブベイトカラーの使い方

具体的なアクション方法
具体的なアクション方法

ライブベイトカラーは多くのジグパラシリーズで採用されています。

今回はメタルジグの王道、ジグパラショートの使い方を解説していきます。

  • ジャークでアクションさせる
  • ただ巻きでアクションさせる

メタルジグはジャークか、ただ巻きの二択になります。

個人的な意見になりますが、ジグパラショートだと圧倒的にジャークして使うのがオススメです。

ただ巻きでも釣れないことはありませんが、しゃくったほうがジグの良さが出るし、ヒット率も段違いに良いです。

ただ巻きは魚が追ってくるけど、食いつくまでには至らず見切られてしまうことが多い気がします。

ジャークの方法もいくつかありますが、ワンピッチジャークがもっとも釣れるので、ひたすらワンピッチジャークしていれば魚は釣れます。

くわしくは下記の【図解】ショアジギングアクションの記事に詰め込んでいますので、ぜひ合わせてお読みください。

【ライブベイトカラー】使う状況

ジグパラ・ライブベイトカラー
ジグパラスロー・ライブベイトカラー

ライブベイトカラーを使う状況は「海が澄んでいるとき」「朝まずめ」「夕まずめ」がメインになってきます。

ライブベイトカラーはナチュラル系にあたるので、海が濁っているときに使っても魚に見つけてもらえないってことになります。

反対に、海が澄んでいる状況だとフィッシュイーターに見つけてもらえやすいです。

また、マズメのときにも有効になりますが、日の光がない状況だと魚に見つけてもらいにくくなるので、グロー系のカラーのほうがいいです。

くわしくは下記の【知らないと損する】メタルジグのカラー選びの記事で解説しているので、ぜひ合わせてお読みください。

ライブベイトの大事な部分はココ!

ライブ金アジ(ジグパラスロー)

今回はメジャークラフトのジグパラシリーズに採用されている「ライブベイトカラー」について紹介してきました。

ライブベイトカラーまとめ
  • ライブベイトってのは、カラーの種類
  • ジグパラシリーズで採用されている
  • リアルプリントされているカラー
  • 海が澄んでいるときに有効
  • 腹グローは発光が弱いので注意!
  • 口コミを見ると「金アジ」の評価が良い

ライブベイトカラーは普通のカラーに引けをとらないくらい魚が釣れます。

当初、ライブベイトカラーを採用しているのはジグパラショートだけでした。

しかし、人気があったからか、ほかのジグパラシリーズでも採用されてきているカラーバリエーションということです。

注意点としては、腹グローは発光が弱く、評判がよくなかった

反対に「金アジ」はよく釣れると評判がよかったですね。

ライブベイトカラーは海が澄んでいるときに使うと、魚に違和感を与えることなく捕食させることができます。

タックルケースに1つ忍ばせていると、あなたの心強い味方になってくれるに違いありません。

ジグパラショート|ライブベイトカラー|40g

ジグパラスロー|ライブベイトカラー|40g

ジグパラTG|ライブベイトカラー|40g

ブログランキングに参加しているので、よかったら応援お願いします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次