自由自在にメタルジグを操る秘訣 詳しくはこちら

ダイソージグの改造で困らない“初心者向けカスタマイズ方法”2選

ダイソージグの改造で困らない“初心者向けカスタマイズ”2選
  • ダイソージグの改造ってどうやるの?
  • ダイソージグで釣果UPする方法って?
  • 改造ってどれをやればいいの?

ダイソージグは激安で買うことができ、なおかつ魚が釣れるメタルジグです。

しかし、釣り場で使うにはいくつか改造(カスタマイズ)が必要になります。

この章では僕がダイソージグを使うときにやっている「カスタマイズ方法」を紹介します。

ダイソージグで釣ったヒラメ
ダイソージグで釣ったヒラメ

記事前半では「オススメする改造方法」。後半では「オススメしない改造方法」を解説します。

実際にヒラメを釣ったカスタマイズ方法なので、「ダイソージグのカスタマイズ」に悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

筆者「ジロウ」プロフィール
ショアジギドットコム|ジロウのプロフィール画像

1987年生まれの現役ショアジギンガー。メタルジグが大好きで「使用するルアーは99%メタルジグ」という変態野郎。初年度でヒラメ・真鯛・シーバス・サゴシなどを釣る。現在もショアジギングをメインに釣行中です!

目次

ダイソージグの改造【王道】2選

ダイソージグの改造方法
ダイソージグの改造方法

ダイソージグの改造でオススメする方法は2つあります。

【必須】フック交換をする

フックとスプリットリングを交換する
フックとスプリットリングを交換する

まずはフックを交換することです。

厳密に言うと「フック」と「スプリットリング」を交換することになります。

ダイソージグに付いてくる標準装備のフックスプリットリングは絶対に交換しましょう

交換する理由
  • 耐久性が低い
  • 錆びてしまう

ダイソージグはコスパ最強ルアーですが、「フックの耐久性が弱い」「錆びに弱い」というデメリットがあります。

フックとスプリットリングを交換しないと、「やっと魚がヒットした!」のにも関わらず、フックが伸びてバラす…という最悪な結末になります。

サカナ

せっかくのヒットはものにしたいですね!

またフックが錆びてしまうと貫通性がなくなってしまうので、これまた釣り人としては大問題なわけです。

せっかくヒットした魚をしっかり釣り上げるためにも、フック・スプリットリングの交換は必須となります!

ジロウ

ダイゾージグを使うための「ひと手間」ですね!

\ティンセル付き ダブルアシストフック! /

\ 強度抜群のトレブルフック!/

\ 耐久性抜群のスプリットリング! /

ブレードを付ける

ダイソージグの改造、2つめは「ブレードを付ける」ことです。

基本的にメタルジグはジャーク(しゃくり)で使うことになります。

ジロウ

ジャークはロッドをしゃくって、ルアーを上下に動かすことだね!

ジャークする場合、このような軌道でメタルジグはアクションします。

ジャークしたときのメタルジグの軌道
ジャークしたときのメタルジグの軌道

図解のように上下の動きを繰り返しながら魚を誘っていくことになります。

ジャークするときの注意点
  • ビギナーには難しい
  • 体力を消耗しやすい
  • ルアーは上下の動きになる

それがブレードを付けることにより、直線的な動きで魚を誘うことが可能になります。

ブレードを付けて、ただ巻きをする
ブレードを付けて、ただ巻きをする
ブレードを付けるメリット
  • ビギナーでも簡単
  • 疲れにくい
  • ルアーは直線的な動きになる

ジャークというのは、ロッドを1回しゃくったと同時にリールを1回転させるので、釣り初心者には難しいんです。

また、ロッドをしゃくる動作が体力を消耗するので長時間釣りをするのは厳しいというのが現状です。

釣行時間が短いと魚は釣れにくい…

状況次第では、「ジャークでは釣れなくても、ただ巻きだったら魚が釣れる」という場合もあります。

そのため、ジャークだけじゃなく「ただ巻き」という選択肢があると釣りの幅が広がり、魚種によってはただ巻きのほうが釣れやすいこともあります。

例えば、サゴシやシーバスは激しいアクションだと捕食しにくい習性があります。

サゴシはレンジ(層)の変化が苦手…
サゴシはレンジ(層)の変化が苦手…
サゴシ

上下に大きく動くルアーは見失ってしまう…

シーバスは速いアクションが苦手…
シーバスは速いアクションが苦手…
シーバス

青物ほどの遊泳力がないので、速いアクションだと食いつくのを諦めてしまう…

状況によっては、ジャークでは釣れなくても、ただ巻きだと釣れることもあります。

ブレードを取り付けると、ただ巻きだけで魚が釣れるのでオススメですよ。

\ ブレード付きトレブルフック! /

ジロウ

直線的な軌道でアクションできるブレードもありだな!

ダイソージグにオススメしない改造“2選”

ダイソージグを曲げる

ダイソージグは曲げなくていい
ダイソージグは曲げなくていい

ダイソージグの改造方法で「ジグを曲げる」という方法があります。

やり方としては、「ゆっくりと力を加えていってダイソージグを曲げる」というもの。

ダイソージグを曲げるメリット

形が変わることでダイソージグの動きが変わり、変則的な動きをする

個人的な意見になりますが、この改造はオススメしません。

なぜなら、本来のダイソージグの動きで十分釣れるからです。

メタルジグの形を変えるということは、動き自体を変えてしまうということ。

メタルジグを曲げるという行為は「どのぐらいの角度を曲げるか?」によって大きくアクションが変わってくるということです。

ぶつけると勝手に曲がることもある

細いシルエットはぶつけると曲がることもある
細いシルエットはぶつけると曲がることもある

ダイソージグは細身のシルエット。

ダイソージグに関わらずですが、細身のメタルジグは意図的に曲げようとしなくも、堤防やテトラにぶつけてしまうと曲がってしまうことがあります。

実際に曲がったメタルジグを使ってみて、「本来の動きと違ってダメじゃね!?」ってのが私の意見。

メタルジグ本来の動きのほうが釣れるよね!?

もし、そのほうが釣れるんだったらメーカーが作ってるでしょ…」って思います。

100円で買えるメタルジグなので、試してみるもの面白いかもですが、曲げずに「本来のダイソージグのまま」使うだけでしっかり魚は釣れますよ!

ジロウ

ダイソージグは曲げなくても釣れるから安心して良し!

ウレタンに浸ける

ダイソージグの短所として、塗装の弱さがあります。

塗装が弱いと堤防やテトラ・障害物にぶつけた時に「ベリッ」っと剥がれてしまうワケです。

その短所を補うのが、ウレタンでコーティングするというもの。

ウレタンに浸けると…

メリット

  • 塗装が剥がれにくくなる

デメリット

  • 時間と労力がかかる
  • つけすぎると動きが悪くなる

ウレタンに浸けるとコーティングされ、塗装が剥がれにくくなる効果はあります。

しかし、ウレタンに浸けて乾かすのは時間と労力がかかります

しかも、ウレタンをつけすぎるとジグの形が変わることになり、アクションは変わってしまいます。

ジロウ

手間暇かけて、釣れにくいジグを作るのは本末転倒…

ダイソージグはできるだけ手間をかけないカスタマイズをすることが大切です。

メタルジグはボトム(底)をとるのが基本なので、根がかり確率を0にすることはできません

ロストしても、そこまで痛くない!」ってのがダイソージグの魅力ですからね!

「ダイソージグは釣れない」はホント!?

結論:ダイソージグは釣れます!

ダイソージグって本当に釣れるの?

これからダイソージグを使おうとしている人であれば、疑問に思いますよね。

私も実際に使ってみたら、本当に釣れました。

ダイソージグで釣ったヒラメ
ダイソージグで釣ったヒラメ~1匹目~
ダイソージグで釣れたヒラメ~2匹目~
ダイソージグで釣れたヒラメ~2匹目~

しかも、短時間釣行でヒラメ2匹。

これまでもヒラメを釣ってきましたが、短時間でこれだけヒラメが釣れるはかなり優秀です

ヒラメを釣ったときの改造

実際にやったダイソージグの改造
実際にやったダイソージグの改造

私がヒラメを釣った時にやっていたダイソージグのカスタマイズ方法を紹介します。

と言っても、やったことはただ1つ。

フック&スプリットリングの交換のみ

この時はブレードを付けてなかったので、ボトム着底後のワンピッチジャークで釣れました。

もちろん、ダイソージグを曲げることもしませんでしたし、ウレタンに浸けることもしませんでした。

ダイソージグ本来の動きを活かし、掛かったときにバラさないようにフックとスプリットリングを交換しただけです。

ダイソージグを曲げなくても、シンプルにワンピッチジャークで魚を釣ることはできますよ!

ジロウ

一般的なメタルジグの使い方で十分釣れる!

ダイソージグで釣れた魚【ツイート編】

私はダイソージグでヒラメが釣れましたが、ほかにはどんな魚種を釣ることができるのか気になるところですよね。

そこでツイッターに投稿されていたダイソージグの釣果をご紹介していきます。

Twitterで投稿されているダイソージグの釣果は以下のとおり。

ダイソージグで釣れる魚
  • ヒラメ
  • サバ
  • イナダ
  • マアジ
  • マゴチ
  • カサゴ
  • スマ

このように一般的なメタルジグと同じように多彩な魚種が釣れています。

ジロウ

青物やヒラメも釣れるぞ!

ダイソージグの改造は良くも悪くもなる

ダイソージグを改造して魚を釣ろう
ダイソージグを改造して魚を釣ろう

今回は「ダイソージグの改造」について解説してきました。

メタルジグは改造次第で、良くも悪くもなります。

ダイソージグの改造

オススメ改造

  • フック・スプリットリングの交換
  • ブレードの取り付け

オススメしない改造

  • ダイソージグを曲げる
  • ウレタンに浸ける

無駄にカスタマイズすることは釣果を下げてしまったり、時間と労力を吸い取られてしまうことになります。

まずは必須となるフック交換をやって、好み次第でブレードを付けてみましょう。

ダイソージグはフックを交換しなければいけないので、多少の手間がかかってしまします。

ダイソージグ同様、コスパが良くて釣果もお墨付きはジグパラショートです。

\筆者も愛用しています! /

以下の記事では【ジグパラショート】ヒラメも釣れる!コスパ最強メタルジグについて解説しているので、こちらの記事も合わせて読んでみてください。

ダイソージグの特徴・使い方を具体的に解説している記事も合わせてお読みください。

ブログランキングに参加しているので、よかったら応援お願いします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次